ここから本文です

乃木坂46のソニー×TWICEのJYP!夢の新グループ発掘し日韓から世界へ

2/8(金) 6:06配信

スポーツ報知

 レコード会社大手「ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)」が7日、韓国芸能大手「JYPエンターテインメント」と共同事業を始動させることを発表した。15~22歳の女性を対象に、5月1日から国内8都市と米ロサンゼルス、ハワイでオーディションを開催。2020年11月にSME傘下「ソニー・ミュージックレーベルズ(SML)」からデビューする。

【写真】快挙!生田絵梨花が白石麻衣超え 女性ソロ写真集初週売上歴代1位に

 日韓エンタメ大手が、世界的な女性スターを発掘するべく手を組んだ。プロジェクトの総合プロデューサーは、アーティストとしても活動するパク・ジニョン(47)。都内で会見し、この日のために勉強したという日本語で、新事業「Nizi Project」に込めた思いとして「虹のようにいろんな色の人材を探し、美しい光を発するグループを」と力を込めた。

 パクは、かつてRain(ピ、36)を手掛けたほか、最近では昨年末まで2年連続でNHK紅白歌合戦に出場した日韓台の女性9人組「TWICE」で知られる。一方、SMEには乃木坂46などが所属。男性グループ「2PM」の日本デビュー時(10年)にSML内に「JYP」関連部署を設立するなど、ビジネスパートナーとしての関係も深い。

 応募は国籍不問ながら「日本語を自由に話せること」が条件。オーディションで20人を選抜。育成は、JYPの拠点となる韓国で約半年間かけて行う。「目標は全世界に活躍するグループだけど、あくまでスタートは日本」。デビュー時の人数は未定という。

 日韓の違いについて「日本のアイドルは未熟なところも気にせず見せる。K―POPは徹底的に準備して、ある程度、完成した姿を見せる。準備は長い期間、徹底的にやるが、その過程をファンにお見せする、2つの文化を合わせる計画」とパク。来年4月から候補生のトレーニングの密着番組の放送を予定。日韓いいとこ取りで、国際的女性スターを生み出す。

最終更新:2/8(金) 7:33
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事