ここから本文です

自動車事故の責任割合をAIで算出。損保ジャパン等が開発

2/8(金) 12:16配信

Impress Watch

ドライブレコーダーによって撮影・取得された衝突時の映像とGPS位置情報から、AIを活用して事故状況を分析し、自動車交通事故における責任割合を自動算定するシステムを、損害保険ジャパン日本興亜(損保ジャパン日本興亜)とジェネクストが共同で開発する。

ドライブレコーダーは広角レンズで撮影するため映像に歪みが生じるが、ジェネクストはそのような映像からでも正確な速度、相対的な距離、位置情報を分析できる特許技術を保有。この分析技術とAI技術を組み合わせて、多岐に渡る情報を正確に読み取るという。

映像における車両挙動・道路形態をAIが認識し判定して、事故に至る双方の車両の動きや道路状況などの情報を読み取る。読み取った情報と、損保ジャパン日本興亜が蓄積してきた事故に関する知見などをもとに、確度の高い責任割合の判定を自動かつ迅速に行なうとしている。

これまでは、ドライブレコーダーで撮影された映像から衝突した車両の速度や相対的な距離など、事故原因の究明と事故の責任割合の判断につながる情報を正確に分析するには、専門の知識と技術が必要で、多くの時間を要していたという。これをデジタル技術によって効率化、判定プロセスを明確化し、迅速な事故解決を可能にする。

Impress Watch,加藤綾

最終更新:2/8(金) 12:16
Impress Watch

あなたにおすすめの記事