ここから本文です

AIで自動車事故の過失を判定 損保ジャパン、年内に導入へ

2/8(金) 16:11配信

共同通信

 損保ジャパン日本興亜は8日、自動車事故の過失割合を人工知能(AI)で分析する新システムを年内に導入すると発表した。ドライブレコーダーで記録した走行中の画像をAIが解析し、判定に役立てる。2カ月程度かかる保険金支払いまでの期間を、最短で約1週間に短縮できるという。

 新システムは映像解析を手掛けるジェネクスト(横浜市)と共同開発する。損保ジャパンの自動車保険の契約者で、衛星利用測位システム(GPS)を搭載したドライブレコーダーの利用者が対象。ドライブレコーダーの映像やGPSのデータを活用し、事故時の状況を正確に把握する。

最終更新:2/8(金) 16:15
共同通信

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい