ここから本文です

「ほくほくPay」が2019年上期に開始。北陸銀行と北海道銀行

2/8(金) 17:17配信

Impress Watch

北陸銀行と北海道銀行は、スマホ決済サービス「ほくほくPay」を2019年度上期から開始する。

【この記事に関する別の画像を見る】

ほくほくPayは、両行と契約した店舗での支払い時に、スマホアプリで、加盟店側のタブレット端末等に表示されたQRコードを読み取ることで、事前に登録した銀行口座から代金を即時に引き落とせるサービス。クレジットカードの申込や事前の電子マネーチャージなどが不要で、アプリ操作だけで支払いが完了する。

加盟店は、タブレット端末にダウンロードした加盟店用アプリに金額を入力することで、請求が可能となる。売上代金は、1日分の売り上げをまとめ、最短で翌営業日に入金するため、早期に資金を回収できるという。

ほくほくPayでは、GMOペイメントゲートウェイによる「銀行Pay」の基盤システムを採用。銀行Pay導入銀行の相互連携「マルチバンク」にも対応予定。すでにサービス展開している、横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡 銀行・熊本銀行・親和銀行)、導入予定のりそなグループ3行(りそな銀行・埼玉りそな 銀行・近畿大阪銀行)、ゆうちょ銀行、沖縄銀行、北海道銀行の口座を持つ個人の利用者が、各銀行が契約する加盟店において、銀行や地域を超えてスマホ決済サービスを利用可能となる。

Impress Watch,臼田勤哉

最終更新:2/8(金) 17:17
Impress Watch

あなたにおすすめの記事