ここから本文です

インフル患者、先週より大幅減少するも油断禁物

2/8(金) 15:55配信

ウェザーニュース

 8日(金)に厚生労働省から発表された1月28日~2月3日までのインフルエンザ発生状況によると、166.9万人でした。過去最多を更新した前の週と比較すると大幅に減少したことが分かりました。

 定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約166.9万人となり前週の推計値、約222.6万人から約56万人減少しました。

 年齢別では、0~4 歳が約21.2万人、5~9 歳が約30.7万人、10~14歳が約21.1万人、15~19歳が約9.1万人、20代が約12.2万人、30代が約15.8万人、40代が約17.6万人、50代が約13.4万人、60代が約11.5万人、70代以上が約14.3万人となっています。

 また、今シーズンの累積の推計受診者数は約931.0万人となりました。

記録的な寒気で極寒が続く

 札幌の上空1500m付近でー24.4℃という記録的な寒気が流れ込んでいますが、この先も強い寒気の流れ込みが続きます。
 そのため、全国的に厳しい寒さで、北日本や東日本では最高気温が一桁台の予想です。

 体調を崩しやすい日が続くため、引き続きインフルエンザ予防を万全にしてお過ごしください。
 また、インフルエンザA型のピークを越えた後は、B型が再び流行する恐れもあります。患者数は大幅に減少したものの、引き続き油断はできない状況です。

感染予防として効果的な手の洗い方

 横浜相原病院(神奈川県横浜市)の吉田勝明院長に、効果的な手洗い方法を伺いました。

 インフルエンザ流行時は外出から戻ったら必ず手を洗うことが感染予防の基本になります。

 「手術室に入る外科医はヒジから先の手をおよそ15分かけて洗いますが、そこまでしなくても、外出から戻ったら石鹸やハンドソープを使って1分間は手洗いしてください」(吉田院長)

 石けんやハンドソープを使うと、手の表面の皮脂に付着しているウイルスも洗い落とせます。手洗い前の手にウイルスが100万個付着していたとすると、1分間の手洗いで数十個(約0.001%)に減らせることになります。ここまですれば、食事前やトイレの後は流水で15秒の手洗いで十分です。

ウェザーニュース

あなたにおすすめの記事