ここから本文です

吉本新喜劇座長勇退の辻本茂雄が心境語る「若手を育て恩返しせなアカン」

2/8(金) 16:00配信

THE PAGE

吉本新喜劇座長を勇退の辻本茂雄「若手を育て恩返しせなアカンという気持ちです」

 吉本新喜劇の座長勇退を発表した辻本茂雄(54)が8日午後、京都市東山区のよしもと祇園花月で行われる特別公演「茂造の夜芝居『茂造の覚悟』」の制作発表会見に出席。座長勇退発表後、初めての会見とあって多くの報道陣が詰め掛ける前で「いまから僕がベテランとして若手を育て、恩返しせなアカンという気持ちです」と現在の心境を語った。

【動画】辻本茂雄が囲み取材で座長勇退の心境を語った(2019年2月8日)

一昨年に「世代交代あるかも」下が育ってないということを聞いた

 辻本は報道陣から座長勇退について聞かれ、一昨年の暮れに「世代交代があるかも」という話しがあったことを明かした。そして、昨年11月末に今回の勇退について聞いたということも明かした。

 勇退の話を聞いた時は「動員数で言えば野球選手にたとえたら3割を打って30本ホームランを打ってるのに、やめるのか見たいな気持ちはちょっと実感があった」と振り返った。

 しかし、関係者と色々話し合いを重ね「下がなかなか育っていないということを聞いた。下を育てないと。年配の方々が辞めていく中、僕らが年配になって若手を支えていこうやないかとい気持ちを切り替えた」という現在の心境を明かした。

 そして、以前は心斎橋筋2丁目劇場で漫才などをやっていたが、世間一般で有名になれたのは「吉本新喜劇のおかげ」と思っており、恩返しをしていく気持ちを持ったことを明かした。

めぐってきたチャンス、寛平への感謝

 「僕はツッコミしかやってなかったんで急に座長になったので、みんないろんな思いがあったと思うんです」と座長就任時を振り返る辻本。

 当初は、あごが長いことをネタにした「あごネタ」でも人気を博しており、会見ではその当時を振り返った。当時、新喜劇で活躍していた内場勝則や石田靖に追いつきたいいと思い、スタッフに「あごネタやめます」と申し出たという辻本。しかし、スタッフからは「おまえあごしかないやないか、仕事なくなるぞ」と言われ、実際に3か月仕事がなくなり、少し後悔もあったという。

 転機は吉本新喜劇の広島横断公演があった時、主役がダブルブッキングのため出演できなくなり、間寛平のツアーに出演。その時担当したのが、ずっとやりたかった「主役でツッコミ」の役だった。「その公演を務め、寛平さんが『辻本のツッコミおもろいぞ』と言ってくださって、後になんばグランド花月で主役ができるようになったんです。あごネタやめてよかったなと思います。寛平さんにも感謝です」と話していた。

これからの茂造の出番は少なくなるの?

 報道陣からは「今後、茂造さんの出番は少なくなるのか」という質問も飛び、辻本は「なかなか奇抜なキャラなので、なかなかこれをうまいことまわしてくれる人はいないのかな」と答えた。

 この特別公演は2009年から上演されており、今作が第11弾。おなじみのキャラ「茂造」を演じる辻本にとってはライフワークともいえるものだという。今回は、二役に挑戦するということで、舞台への意気込みなどを話していた。公演は4月23日から5月6日まで行われる。

最終更新:2/8(金) 18:17
THE PAGE

あなたにおすすめの記事