ここから本文です

倒産件数666件 1月度としては2年連続で前年同月を上回る【2019年1月度の全国企業倒産】

2/8(金) 13:31配信

東京商工リサーチ

 2019年1月度の全国企業倒産(負債額1000万円以上)は件数が666件、負債総額は1683億7400万円だった。
 倒産件数は、前年同月比4.8%増(31件増)で2カ月ぶりに前年同月を上回った。また、1月度としては低水準ながら、2年連続で前年同月比増加になり、倒産減少の「底止まり」を窺わせた。
 産業別では、10産業のうち、6産業で前年同月を上回った。このうち、サービス業他(前年同月比11.1%増)が4カ月連続の増加になり、建設業(同10.7%増)が10カ月ぶりに増加に転じたことが注目される。
 また、ジャスダック上場でパン・ラスク製造販売の(株)シベール(山形・負債19億5,900万円)が民事再生法を申請し、2018年6月の日本海洋掘削(株)(東証1部上場・東京・負債904億7300万円)以来、7カ月ぶりに上場企業倒産が発生した。

 負債総額は、前年同月比61.0%増(638億1500万円増)で3カ月ぶりに前年同月を上回った。負債100億円以上の大型倒産が2件(前年同月ゼロ)発生したことが影響した。   
 ただし、全体では、1億円未満が494件(構成比74.1%)と依然として全体の7割を占め、小規模模企業の倒産が大半であることに変わりがない。
 形態別では、法的倒産が625件(前年同月比6.4%増)で、構成比が93.8%を占めた。

あなたにおすすめの記事