ここから本文です

『ラ・ラ・ランド』の名コンビが明かす、最新作『ファースト・マン』に込めた想いとは?

2/8(金) 20:00配信

Movie Walker

興行収入44.2億円の大ヒットを記録した『ラ・ラ・ランド』(16)で、史上最年少でアカデミー賞監督賞に輝いたデイミアン・チャゼル監督と、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞<ミュージカル/コメディ部門>を受賞したライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ『ファースト・マン』が2月8日(金)から公開される。昨年末にそろって来日を果たした2人に、偉人ニール・アームストロングを描くというチャレンジに込めた想いを聞いた。

【写真を見る】抜群の信頼関係の2人!『ラ・ラ・ランド』の裏話も…?

本作は1969年に人類初の月面着陸を果たしたアポロ11号の船長ニール・アームストロングを軸に、過酷すぎる訓練の実態やそれを乗り越えた飛行士たちの絆と道なかばで散った仲間の命、そして地上で無事を祈り待ち続ける家族の葛藤を描きだした物語。2月24日(日本時間25日)に授賞式を控えた第91回アカデミー賞では、技術部門を中心に4部門で候補入りを果たしている。

「もともと宇宙に強い思い入れもなかったし、ニール・アームストロングについてもアポロ計画についてもよく知らなかった」とチャゼル監督は明かし、自身の出世作となった『セッション』(14)の直後に本作の監督オファーが来た際に、引き受けるかどうか躊躇していたという。「でも原作となったジェイムズ・R・ハンセンの著書を読んでいたら、突然映画のイメージが湧いてきた。無謀な挑戦だった月面着陸という重荷をたった一人で背負って、大きな一歩を踏み出したニール。その勇気に、僕は非常に感銘を受けたんだ」。

そしてチャゼル監督は、本作を客観的な伝記映画としてではなく“ニール・アームストロングの視点”から描きだすという選択をする。「ニールという人物は世界的に有名な人物でありながら、その素顔があまり知られていない。謎に包まれているからこそ魅力を感じたし、観客は彼に自分自身の姿を重ねることができる」とその理由を語り、「リサーチを重ねていくと、性格も謙虚で物静かだったことがわかった。この役を演じられるのはライアンしかいないと思ったんだ」と振り返る。

そして「『ラ・ラ・ランド』の前にライアンと出会ってニール役を打診したんだ。すぐにライアンは興味を持ってくれたのだけれど、話しているうちになぜか話が逸れてしまって、ジーン・ケリーの話になった。それがきっかけで先に『ラ・ラ・ランド』を撮ることになったんだ(笑)」と意外なエピソードを明かしたチャゼル監督は、「おかげで彼ならニールをうまく演じてくれると確信することができたよ」とにこやかにコメント。それにはライアンも「チャゼル監督と仕事することのなにが好きかと言うと、彼はビジョンを明確に把握しているけど、こちらの意見もしっかりと受け入れてくれるところだよ」と明かし、2人の厚い信頼関係を窺わせた。

ライアンと言えば、作品のたびに入念な役作り をすることでも知られている、当代随一の演技派俳優の1人。本作に臨むにあたって彼が最も気を付けていたことを訊ねると、「ニールの息子さんたちや妹さんといった家族の方々がこの映画を観て納得して、そして彼らに認めてもらえること」だと語る。「フィクションの役を演じる時には自分の想像力でアプローチする。けれど実在の人物を演じる時には、すべての史実をいちから調べ直さなければいけない」と、与えられた役柄に真摯に向き合ったことを明かす。

そんな姿勢が功を奏したのか、ニールの家族から直々にお墨付きをもらったというライアン。「トロント国際映画祭でのプレミア上映の時に、ニールの2人の息子さんからこう言われたんだ。『子どものころからニールの息子としてどんな気持ちだった?と訊かれ続けていて、答えに困っていた。でも、この映画を観たらわかるよって言えるようになったよ』ってね」と、うれしそうな表情でその時のことを振り返った。

そして「宇宙飛行士の限られた技術と知識の中で、あれだけのミッションに挑んだこと。そしてものすごいプレッシャーの中でも家に帰るとゴミ出しをしたりとか、ありふれた日常が宇宙のメタファーと同じ軌道上に描かれるのが本作の魅力だ」と述べ、「アームストロングの人間味の部分や彼の過程生活を描くことがこのドラマには不可欠で、それが僕が脚本を読んで惹きこまれた部分だったんだよ」と、この役を演じられた幸せを語るライアンに、チャゼル監督も温かな微笑みをおくった。

(Movie Walker・取材・文/久保田 和馬)

最終更新:2/8(金) 20:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ