ここから本文です

元ももクロ有安、活動再開&交際宣言の舞台裏 男性に心酔…事務所とはけんか別れ

2/9(土) 16:56配信

夕刊フジ

 昨年1月にアイドルグループ、ももいろクローバーZを電撃卒業し、芸能界を引退した有安杏果(23)が1月15日、SNSで芸能活動再開を発表して波紋を広げている。しかも48歳の精神科医との交際まで公表する異例の展開。「ももクロ」時代は人気を集めた有安だが、前途洋々とはいかないようだ。

 有安は昨年1月15日に「普通の女の子の生活を送りたいという思いが強くなった」としてグループ卒業を電撃発表し、6日後には卒業した。

 だが1年後の今月15日、自身のSNSで芸能活動再開を発表し、物議を醸している。

 「卒業理由として“普通の女の子の生活”を求めて、所属事務所も辞めたとあって当然、芸能界と距離を置くと思われていました。ところが卒業から2カ月後にはSNSを開設。ファンからも疑問の声が出ていたところの活動再開宣言ですからね」(芸能リポーター)

 有安はすでに個人事務所も設立し、今年3月には東京と大阪でライブを開催することも発表。「ももクロ」卒業は独立への布石だったとしか考えられないが、音楽業界関係者はこう明かす。

 「『ももクロ』ではメンバー随一の歌唱力で知られましたが、もともと子役やキッズダンサーとして活躍していたこともありアーティスト志向が強く、グループ内で孤立することもしばしばあったそうです。スタッフサイドも学業との両立を認めたり、ソロコンサートを実現させたりと“ガス抜き”もしていましたが、最後のほうはほとんど制御が効かなくなっていたそうです」

 そしてこう続ける。

 「有安さんと所属事務所の間には当初、退社後2年間は芸能活動をしないという条件も話し合われていたようですが、有安さんサイドが未払い分の給料を固辞する形で復帰を早めたとも言われています」

 そんな中の交際宣言。この男性が、活動再開で設立した個人事務所の代表を務めるとあって、「男性とはももクロ時代からの知り合い。有安は男性に心酔しており、所属事務所とはけんか別れに近いほど、大きなしこりを残してまで突然に引退したわけは、交際ありきと受け取られても仕方がない。才能を評価する声もありますが、果たしてファンはついてくるのか…」と先の芸能リポーター。

 今後の動向に注目だ。

最終更新:2/9(土) 18:24
夕刊フジ

あなたにおすすめの記事