ここから本文です

昭和大医学部生、ホテルで風俗店女性を殺害容疑 警視庁逮捕

2/9(土) 12:26配信

毎日新聞

 ホテルでタイ国籍の女性を殺害したとして、警視庁下谷署は9日、千葉県船橋市前貝塚町、昭和大医学部2年、四十宮(よそみや)直樹容疑者(20)を殺人容疑で逮捕した。2人に面識はなかったといい、同署は動機を追及する。

 逮捕容疑は昨年12月18日午後8時半~同55分ごろ、東京都台東区根岸1のホテル室内で、同区根岸2、派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさん(19)の頭を金属製のトルクレンチ(長さ36センチ、重さ835グラム)で殴るなどして殺害したとしている。「棒で強くたたきすぎたが、殺すつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 同署によると、四十宮容疑者は、悲鳴を聞いたホテル従業員の通報で駆けつけた署員にドア越しに呼びかけられ、5階の部屋の窓から飛び降りて頭や腰の骨を折り入院していた。ホテルに向かう前に東京・秋葉原でトルクレンチを購入したという。【土江洋範】

最終更新:2/9(土) 17:27
毎日新聞

あなたにおすすめの記事