ここから本文です

アパートに男性遺体 刺し傷など多数、殺人か 福岡市

2/9(土) 6:49配信

西日本新聞

 8日午後6時10分ごろ、福岡市南区柏原1丁目のアパート一室で、成人男性が死亡しているのが見つかった。遺体には刺し傷や多数の切り傷があり、福岡県警は、殺人事件の可能性が高いとみて身元や死因を調べている。

【地図】遺体が発見された現場

 県警によると、男性は40~50代とみられる。上下スエット姿で、着衣に乱れはなかった。同日正午ごろ、男性の仕事仲間など知人数人が福岡南署を訪れ「男性と連絡が取れない」と相談。署員らが2階建てアパートの1階で遺体を発見した。部屋は施錠されていた。この部屋に住む50代男性と連絡が取れず、男性が所有する車もないという。

近くに住む住民「一体何が起きたのか」

 近くに住む男性会社員は「一体何が起きたのか分からないだけに不安だ」と驚いた様子。別の住民によると、夕方から規制線が張られ、警察官が付近の家を回って「戸締まりをしてください」と呼び掛けたという。

 現場はJR博多南駅から北西に約3・5キロの住宅街。

西日本新聞社

最終更新:2/9(土) 6:49
西日本新聞

あなたにおすすめの記事