ここから本文です

関東 大雪のおそれ 東京都心でも5センチの予想降雪量

2/9(土) 6:14配信

ウェザーマップ

 関東は、9日(土)は低気圧や寒気の影響で、広い範囲で雪が降り、平野部でも大雪となる所がありそうだ。大雪による交通障害などに警戒が必要となる。

 きょうは、東日本の上空約1500メートルにー6度以下の寒気が流れ込み、伊豆諸島付近に低気圧が発生し、発達しながら東北東に進む見込みだ。

 このため、関東では、今夜にかけて広い範囲で雪が降り、平野部でも積雪となって、大雪となる所があるとみられる。午前6時現在、すでに茨城や千葉を中心にうっすらと積もっている所もあるが、降る量が少なくても、日中も気温が0℃~1℃くらいと低いため、雪が積もりやすくなりそうだ。

23区でも積雪に 大雪のおそれも

【10日午前6時までの24時間に予想される降雪量】(多い所)
  関東地方平野部   8センチ
  関東地方山沿い  10センチ

 東京23区でも多い所で5センチの降雪量となる見込みだ。これは降る量の予想だが、気温が低い場合はそのまま5センチ程度の積雪となるおそれもある。

 大雪による交通障害や路面の凍結、電線や樹木への着雪に注意・警戒が必要だ。車の運転は、冬用タイヤを着用、歩く際にも転倒のおそれがあるため、最新の注意を心がけたい。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事