ここから本文です

慰安婦問題「天皇陛下が謝罪を」 韓国の国会議長

2/9(土) 15:59配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

韓国の国会議長が、慰安婦問題について、「天皇陛下の謝罪が望ましい。戦争犯罪の主犯の息子が謝罪すれば、問題は解消される」と発言した。

韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、アメリカの「ブルームバーグ」のインタビューで、慰安婦問題について、「安倍首相か天皇陛下が謝罪するのが望ましい」、「戦争犯罪の主犯の息子がおばあさんの手を握り、心より申し訳ないと言えば、問題は解消されるだろう」と発言した。

韓国の三権の長が、昭和天皇を「戦争犯罪の主犯」と表現し、天皇陛下に謝罪を求めた形。

2012年に李明博(イ・ミョンバク)元大統領が、天皇陛下の謝罪を要求した時と同様に、韓国への反発が強まるのは避けられず、いわゆる徴用工問題やレーダー照射問題で冷え込んだ日韓関係は、さらに悪化するとみられる。

FNN

最終更新:2/9(土) 15:59
ホウドウキョク

あなたにおすすめの記事