ここから本文です

高齢者の「小さな願い」、QRコードでかなえます 北京

2/9(土) 16:40配信

東方新報

【東方新報】つえ1本、掛け布団1枚、1000円の電気ポット1台。たいていの人にとっては何でもないような小さな物でも、高齢者にとっては贅沢に感じるかもしれない。QRコードをスキャンすれば高齢者の願いをかなえてあげることができるとしたら、あなたは参加するだろうか?

 北京市朝陽門(Chaoyangmen)地区の福祉施設や銀行、書店など約80施設の店頭には、オレンジ色の小さなプレートが掲げられている。「介護福祉サービス連合体」の加盟店であることを意味するものだ。加盟店になると、高齢者に対して6種のサービスを提供することが義務付けられている。

 福祉ボランティアの侯剣楠(Hou Jiannan)さんによると、「従来型の高齢者サービスに加え、加盟店と高齢者を1対1でひも付けすることが今の課題」と語る。「これまでは、高齢者を一か所に集め、自分で手を動かして工作などをするのが定番だったがいまひとつ。どうしたらもっと喜んでもらえるか、みなで知恵を出し合った」

「人はプレゼントを受けるとうれしくなるものだが、高齢者にはプレゼントが配達されることはまずない。高齢者の方々の欲しいものを聞いて、宅配便の格好をして『幸せの宅急便』と書いてプレゼントしたら喜ばれるのではという提案があり、みな賛成した」

 福祉施設職員とボランティアらは、まず、各戸を訪問し高齢者の希望を聞き取りした。聞き取った内容をQRコードにまとめて加盟店で張り出す。スマホでQRコードをスキャンすれば、高齢者の生活の状況や希望を知ることができ、さらに、ワンクリックすれば、願いをかなえてあげられるようにと、活動が始まった。

 ■家庭訪問で高齢者の本音聞き出す

 ボランティアらは、間もなく難題にぶつかった。高齢者は人に迷惑をかけたくないとの思いが強いせいか、「何か欲しいものは無いか?」と聞いても、「問題ない。何も困っていない」と言うだけだった。福祉施設職員とボランティアらは、高齢者の家庭になるべく多く顔を出すようにし、世間話に花を咲かせる中で、本音を聞くようにした。

 こうして、1回目の「小さな願い」がそろい、公表する準備が整った。発表された高齢者の「願い」とは、「腰かけられるつえ」「掛け布団」「電気炊飯器」「電気ポット」「瞬間湯沸かし器」などだった。これらの「小さな願い」は聞き届けられたのだろうか。

 王長松さん(73)は、この地区の古い住民だ。王さんは、いつも顔を出してくれるボランティアに少しだけ愚痴をこぼしたことがあった。夜にシャワーを浴びている時に湯沸かし器の調子が悪くなり、突然冷たい水が出て寒い思いをしたと話をした。

 ある夜、王さんは突然、ボランティアからの電話を受けた。これから訪ねてくるという。程なくして、オレンジ色のベストを着た人ら、がリヤカーに大きな段ボールの箱を積んでやって来た。QRコードをスキャンして「小さな願い」を聞き入れた地元住民の一家が、湯沸かし器を配達しに来たのだった。

 ■多様化する「小さな願い」

「小さな願い」の活動は、今後も続く。次回は、春節明けに発表されるという。ボランティアの侯さんは、「これまでの聞き取り活動で、高齢者の『願い』は物質的なもののほかに、風呂に入れてほしいとか、掃除を手伝ってほしいといった『願い』があることが分かってきたので、今後は形を変えて多様化していくだろう」と語った。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:2/9(土) 16:40
東方新報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事