ここから本文です

「干渉はしないが……」ハース代表、アルファロメオと関係深めるフェラーリに牽制?

2/10(日) 18:07配信

motorsport.com 日本版

 2016年から参戦をスタートしたハースF1チームは参戦当初からフェラーリと技術提携を結んでおり、フェラーリ製のパワーユニットに加え、ギアボックスの供給も受けている。

【写真】徹底比較! スライド画像で見るハース新車VF-19と昨年型VF-18

 一方、同じくフェラーリ製パワーユニットを使用するザウバーは、今年からチーム名を「アルファロメオ・レーシング」に改称している。アルファロメオの属するフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)からフェラーリが独立したとはいえ、両社の関係は深い。アルファロメオ・レーシングは今後、ハース以上にフェラーリとの繋がりを強化していくものと思われる。

 それによって、フェラーリからの様々な恩恵をハースよりアルファロメオが優先的に受けることになると予想されるが、ハースの代表を務めるギュンター・シュタイナーによると、ハースとフェラーリの関係が変わる理由は見当たらないという。

「我々はフェラーリと強固な関係を築いている。技術的にも、人間的にも、金銭的にもだ」とシュナイダーは答えた。

「それは非常に強固なものだ。僕たちはお互いをリスペクトしているし、関係もうまくいっている」

「ザウバーがアルファロメオに改称したことは我々の関知するところではない」

「私は干渉しない。彼ら(フェラーリ)がこれまで通りの付き合いをしてくれればね。もしそうでなければ、黙ってはいられない」

「私は批判的な訳ではない。彼ら(アルファロメオとフェラーリ)が何をしているかも気にしてはいない」

 シュタイナーによると、ハースとフェラーリが締結しているパートナーシップの条件はこれまでと何ら変わりがないという。

「フェラーリから得たものに非常に満足している」と彼は語った。

「ネガティブなものは何もない」

「先ほど言ったように、彼ら(アルファロメオとフェラーリ)の関係が我々に影響を与えることはないし、そうであってほしい。だから我々の関知するところではないんだ」

Jonathan Noble

最終更新:2/10(日) 18:47
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事