ここから本文です

リンゼイ・ボン、最後で「銅」 アルペン世界選手権女子滑降

2/10(日) 22:15配信

共同通信

 アルペンスキーのワールドカップ(W杯)で女子最多の通算82勝を誇る34歳のリンゼイ・ボン(米国)が10日、スウェーデンのオーレで行われた世界選手権の女子滑降で現役最後のレースに臨み、トップと0秒49差の1分2秒23で銅メダルを獲得した。イルカ・シュトヘツ(スロベニア)が2連覇した。

 AP通信によると、ボンはアルペン世界選手権の女子最年長メダリストになった。また女子で初めて世界選手権6大会で表彰台に立った。(共同)

最終更新:2/10(日) 22:19
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事