ここから本文です

【京都記念】初の逃げの手に出たG1馬タイムフライヤーは8着 和田「勝手の違う競馬になった」

2/10(日) 16:58配信

スポーツ報知

◆第112回京都記念・G2(2月10日、京都・芝2200メートル、良)

 伝統の重賞、京都記念はG1馬2頭を含む12頭で争われ、6番人気のダンビュライト(牡5歳、栗東・音無秀孝厩舎、父ルーラーシップ)が直線での叩き合いを制して、昨年のアメリカJCC以来の重賞2勝目。騎乗した松若風馬騎手(23)=栗東・音無秀孝厩舎=は17年きさらぎ賞(アメリカズカップ)以来、2年ぶりの重賞勝利となった。

 2着は1番人気のステイフーリッシュ(藤岡佑介騎手)、3着には2番人気だった16年の日本ダービー馬、マカヒキ(岩田康誠騎手)が入った。

 和田騎手(タイムフライヤー=8着)「先頭に立つと物見をして息は入りました。ただ、向こう正面で早めに来られましたし、勝手の違う競馬になってしまいました」

最終更新:2/12(火) 3:50
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事