ここから本文です

安藤サクラ“夫婦W受賞”に感涙 夫・柄本佑と主演賞を独占

2/10(日) 20:00配信

オリコン

 女優の安藤サクラ(32)と、夫で俳優の柄本佑(32)が10日、都内で行われた『2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン』に出席。『万引き家族』に出演した安藤が「主演女優賞」、『きみの鳥はうたえる』などに出演した柄本が「主演男優賞」に輝き、“夫婦W受賞”の快挙を達成した。

【個別ショット】安藤サクラはブルーのロングドレスで登壇

 青のドレス姿で記念トロフィーを受け取った安藤は「すてきな賞を頂けることを光栄に思います」と笑顔を浮かべつつ「何喋ろうか、緊張しちゃって…。うまく喋れなくなっちゃった。すごくフワフワした気持ちでいます」と持ち前のマイペースぶりを発揮。続く形で受賞スピーチに臨んだ柄本も「何て言えばいいんだ…」と少し緊張した面持ちを浮かべていた。

 司会の笠井信輔アナから促される形で“夫婦2ショット”が実現。どこか地に足がつかない様子だった安藤は「先にしゃべると思ってなかったから、何をしゃべっていいか分からなくなって…。でもこんなお祭り騒ぎは、もうないからいいやって!」と思わず感涙。それでも柄本にコメントの順番が回ろうとすると「こういうのはいいんです。男はドシッと構えていれば」と、ビシッと締めて会場を沸かせていた。

 また、安藤の父・奥田瑛二(68)はコメントを寄せ「2人の日々の精進の結果だと思います。父もまだまだガンガン攻めていきます。いや~、エネルギーをありがとう!  乾杯!」と祝福。「助演男優賞」を受賞した松坂桃李(30)も「夫婦っていいな~」と羨望の眼差しを向けていた。

『2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン』受賞一覧
■日本映画ベスト・テン第1位:『万引き家族』(是枝裕和監督)
■外国映画ベスト・テン第1位:『スリー・ビルボード』(マーティン・マクドナー監督)
■文化映画ベスト・テン第1位:『沖縄スパイ戦史』(三上智恵監督、大矢英代監督)
■日本映画監督賞:瀬々敬久監督(『菊とギロチン』『友罪』により)
■主演女優賞:安藤サクラ(『万引き家族』により)
■主演男優賞:柄本佑(『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』により)
■助演女優賞:木野花(『愛しのアイリーン』により)
■助演男優賞:松坂桃李(『孤狼の血』により)
■新人女優賞:木竜麻生(『菊とギロチン』『鈴木家の嘘』により)
■新人男優賞:寛一郎(『菊とギロチン』により)
■キネマ旬報読者賞:立川志らく(連載『立川志らくのシネマ徒然草』により)
■特別賞:樹木希林

最終更新:2/12(火) 14:25
オリコン

あなたにおすすめの記事