ここから本文です

【3歳500万】東京6R トオヤリトセイトが差し切って2勝目! ルメール「直線ではすごくいい脚」

2/10(日) 18:06配信

サンケイスポーツ

 2月10日の東京6R・3歳500万下(芝1400メートル、14頭立て)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気トオヤリトセイト(牡、栗東・松下武士厩舎)が後方待機からゴール前粘る8番人気のクラヴィスオレアを差し切って2勝目を挙げた。タイムは1分23秒2(良)。アタマ+3/4馬身差の3着には2番人気のヴォイスオブジョイが入った。

【写真で見る】大万馬券出た!10日東京8Rで3連単1806万8890円の高配当

 トオヤリトセイトは、父ドリームジャーニー、母ジャジャマーチャン、母の父アドマイヤコジーンという血統で、おばのアストンマーチャンはGIスプリンターズSの勝ち馬。通算成績は3戦2勝。

 ◆C・ルメール騎手(1着 トオヤリトセイト)「スタートはもうひとつだったけれど、直線ではすごくいい脚を使ってくれた。能力はあるし、これでスタートが良くなればもっとやれると思う。きょうの感じなら、距離はマイルまでなら大丈夫そうだね」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事