ここから本文です

【共同通信杯】武豊騎乗クラージュゲリエは3着「切れ負けした感じ」 

2/10(日) 20:23配信

サンケイスポーツ

 2月10日の東京11Rで行われた第53回共同通信杯(3歳、オープン、GIII、芝1800メートル、別定、7頭立て、1着賞金=3800万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ダノンキングリー(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)が無傷のV3で重賞初制覇。タイムは1分46秒8(良)。

 武豊騎手と初コンビを組んだ京都2歳Sの勝ち馬クラージュゲリエは、好位をスムーズに追走し、最後の直線に向いてからジリジリと脚を伸ばすも3着止まりだった。

 武豊騎手「レース前は少しイレ込んでいたけど、レースは上手に折り合いがついていて、いい感じに走ってくれました。最後は切れ負けした感じですね。伸びてはいるけど、現時点での切れ味の差でしょうか」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事