ここから本文です

【共同通信杯】2番人気フォッサマグナ直線伸び欠き4着 ルメール「マイルまでの方がいい」

2/10(日) 20:51配信

サンケイスポーツ

 2月10日の東京11Rで行われた第53回共同通信杯(3歳、オープン、GIII、芝1800メートル、別定、7頭立て、1着賞金=3800万円)は、戸崎圭太騎手騎乗の3番人気ダノンキングリー(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)が無傷のV3で重賞初制覇。タイムは1分46秒8(良)。

 レース史上2頭目となるデビュー2戦目でのVを狙った米国産馬フォッサマグナは、2番手追走も直線伸びを欠いて4着に敗れた。

 C.ルメール騎手「2番手でリラックスしてマイペースで走っていました。直線の入りではいい反応でしたが、ラストの200メートルで疲れてしまいましたね。背中がまだ柔らかいし、距離も少し長かったかもしれません。マイルまでの方がいいと思います」

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事