ここから本文です

まだまだ成長する加工食品、カップ麺とアイスが有望なのは本当?

2/10(日) 13:31配信

ニュースイッチ

アイスは2023年には5000億円超え

 富士経済が実施したデザートや麺類など加工食品市場調査によると、アイスクリーム類が伸びており、2023年は17年比8・1%増の5220億円と拡大する見込み。中・高価格帯商品が増えたことで単価が上がっていることなどの要因で市場は拡大し続けている。

 18年のアイス類は、同2・0%増の4924億円と予測。夏場の極度な猛暑で氷菓が特に好調だったことやテレビ番組の影響で需要は増加。これに伴い、メーカーは品質向上やスイーツ風商品の投入などを積極的に行うとみられる。

 そのほかの注目分野は、カップ麺と袋麺。それぞれ18年は、同2・0%増の4582億円、同1・9%増の1190億円。カップ麺は中華麺が6割近くを占めている。

 喫食頻度の低い10代や20代の若年層と女性をターゲットにした商品など新商品投入が活発。このほか、うどん・そばが3割弱、焼きそばが1割強となっている。

 袋麺は14年以降市場が縮小していた。だが、18年はメーカーが商品刷新などに取り組み、5年ぶりの回復が見込まれる。

最終更新:2/10(日) 13:53
ニュースイッチ

あなたにおすすめの記事