ここから本文です

コンタクトレンズ・ホラー:寝るときに外さないとこうなっちゃうかも【注意喚起】

2/10(日) 19:11配信

ギズモード・ジャパン

わたしも、角膜がゼリーみたいにブヨブヨになって浮き上がってきたことがある。

コンタクトレンズを使っている人なら、寝る前には外して洗浄しなければいけないことを知っているでしょう。では、ルールを守らなかったらどうなるのでしょうか?「Annals of Emergency Medicine」に掲載されたコンタクトレンズが原因で起こった悪夢の数々を読めば、今すぐコンタクトレンズを外して洗浄したくなるかもしれません。

【記事の全画像】コンタクトレンズ・ホラー:寝るときに外さないとこうなっちゃうかも

ケース1)34歳男性 半年間の点眼治療

ソフトコンタクトレンズ使用暦17年の34歳の男性は、非常に怠惰で、週に3、4回はレンズをつけたまま寝たり、つけたまま泳いだりしていたそうです。そんな生活を送っていた結果、左目に感染症とぼやけ目を発症してしまいました。

かなりひどい状態だったのか、2ヶ月もの間、従来の抗菌薬に反応しなかったそうです。さらにテストをしたことで、原因は、原虫のアカントアメーバであることが判明しました。洗浄のために使われた汚染水道水に含まれていて、目に入ったのだろうということです。アカントアメーバのようなアメーバに感染してしまった場合、根絶するのは大変困難です。

そのため、男性は6ヶ月に渡って消毒点眼薬を使用しなくてはならず、最初は1時間毎に点眼する必要がありました。その後、男性の左目の視力は安定しましたが、2.0に戻すためにハードコンタクトレンズに切り替えなくてはならなかったそうです。

ケース2)57歳男性 損傷激しく角膜移植

57歳の男性は激痛を訴えて緊急治療室を訪れました。激痛だけでなく、両目で見ることが困難になっていました。彼は、ソフトレンズの定期的な洗浄、また交換を怠っており、来院時には2週間もソフトレンズを装着しっぱなしだったそうです。すでに両目とも細菌感染をおこし、右目の角膜にいたっては激しく損傷していたため、角膜移植が必要と判断されたそうです。

ケース3)59歳男性 左目破裂

59歳の男性は、ハンティング・トリップに行った際、48時間連続でソフトコンタクトレンズを装着したそうです。3日目になり、彼は左目に強い痛みを感じ病院に駆け込みました。医者は角膜に引っかき傷があると診断し、点眼液と治療用コンタクトレンズを処方しました。しかし、目は回復するどころか悪化したのです。シャワーを浴びてタオルドライしている時、その悪夢は起こったのです。

「ポン!という破裂音に続いて筆舌しがたい痛みが左目を襲いました」

彼の左目の角膜には「大きな穴」ができていたそうです。失明を避けるために緊急角膜移植手術が施されました。抗生物質が投与され、後日、白内障の手術を受けたました。幸いにも彼の視力はほぼ正常に回復したそうです。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事