ここから本文です

高岡銅器 パリでPR ジャポニスム2018 「おりん」が人気

2/10(日) 0:21配信

北日本新聞

 日仏友好160年を記念してパリで開催されている「ジャポニスム2018」で、高岡市と伝統工芸高岡銅器振興協同組合は現地時間の8日、企画イベントを行った。伝統工芸品の展示販売や法隆寺の国宝釈迦(しゃか)三尊像再現プロジェクトを紹介する映像の上映を通し、高岡の職人技をPRした。9日も実施する。

 展示販売では高岡銅器の仏具「おりん」が注目を集めた。映像を見た来場者からは「再現された仏像を見てみたい」「職人が力を合わせて作ったことが良くわかった」などの声が聞かれたという。

 ジャポニスム2018では今月中旬に、高岡の鋳物(いもの)産業をテーマにした映画「デンサン」の上映も行われる。

北日本新聞社

最終更新:2/10(日) 0:21
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事