ここから本文です

棋王戦第2局始まる 魚津・新川文化ホール

2/10(日) 10:08配信

北日本新聞

 渡辺明棋王(34)に広瀬章人竜王(32)が挑戦する第44期棋王戦5番勝負第2局(北日本新聞社など主催)は10日、魚津市の新川文化ホールで始まった。

 県内での棋王戦は5年ぶり。午前9時に塚田泰明九段、四十万隆一魚津市副市長、忠田北日本新聞社長、日本将棋連盟の森下卓常務理事、村田顕弘六段(魚津市出身)、本田小百合女流三段、同連盟県支部連合会長の河島敏夫さんが立ち会い、渡辺棋王の先手で対局が始まった。記録係は小山直希奨励会三段が務める。

 持ち時間は各4時間。2日に行われた第1局は、渡辺棋王が先勝している。

 午後1時からは村田六段、本田女流三段による大盤解説会がある。入場料は千円。

北日本新聞社

最終更新:2/10(日) 19:13
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事