ここから本文です

川崎ブレイブサンダース、最終Qで突き放し連勝…ファジーカスは30得点15リバウンドの大活躍

2/10(日) 19:06配信

バスケットボールキング

 2月10日、各地でB1リーグ第24節第2戦が行われ、トッケイセキュリティ平塚総合体育館では第1戦で接戦をものにした川崎ブレイブサンダースが、三遠ネオフェニックスと対戦した。
 
 第1クォーター、ニック・ファジーカスが14得点をマークしたが、あとが続かず20-23で終えた。続く第2クォーターは、第1戦で決勝弾を沈めた篠山竜青がオフェンスをけん引。相手を上回る計19点を挙げて39-36でハーフタイムを迎えた。

 第3クォーターは18-18の互角となったが、第4クォーターはファジーカスの得点、篠山、藤井祐眞の3ポイントシュートなどで27ー21とした川崎。最終スコア84-75で試合を制し、ファジーカスは計30得点15リバウンドの大活躍を見せた。

https://www.youtube.com/watch?v=1FlgJznwDxA

【試合結果】
川崎ブレイブサンダース 84-75 三遠ネオフェニックス (@トッケイセキュリティ平塚総合体育館)
川崎|20|19|18|27|=84
三遠|23|13|18|21|=75

BASKETBALL KING

あなたにおすすめの記事