ここから本文です

桑田 ボウリング愛パーフェクト!「KUWATA CUP」フル稼働…最後は歌唱締め

2/11(月) 4:00配信

デイリースポーツ

 サザンオールスターズの桑田佳祐(62)が10日、東京・渋谷ヒカリエホールで行われた、冠ボウリング大会「KUWATA CUP 2019」決勝大会に登場した。大会の旗振り役を務め、この日は妻・原由子(62)と始球式を行ったり、女子プロと対戦したエキシビションマッチで腕前を初披露したりとフル稼働。大会公式ソング「レッツゴーボウリング」で歌い締め、観客600人集結の大会で、溢れるボウリング愛をレーンに投げ込んだ。

 昨年大みそかの紅白で大暴れした桑田が、今度は特設ボウリング会場を熱気に包んだ。

 見せ場は、プロボウラー部門男女決勝の間に行われたエキシビションマッチ。自身と並び芸能界最強ボウラーと呼ばれる俳優・村田雄浩(58)と「渡る世間にG★スポッターズ」を組み、姫路麗プロ、名和秋プロによる「悩殺美人女子プロボウラーズ」と対戦。勝ったら「美女からのキス」、負けたら「来年のKUWATA CUP開催」をかけた。

 桑田は第7フレームから3連続ストライク「ターキー」を奪ったが、最終投を9ピンで終え、スコアは「178」。チーム合計点で敗れると、公約通りに「分かりました。スタッフと検討させて頂きたい」と大会継続を前向きに捉える発言を繰り出し、拍手を浴びた。

 敗れたものの、美女ボウラー2人から頬にキスのご褒美もちゃっかりゲット。紅白で受けた歌手・松任谷由実(65)の頬キスに続く祝福に、メロメロだった。

 ボウリングへの情熱は還暦後に再燃した。レジェンド矢島純一プロ(73)から還暦祝いにボールとシューズをプレゼントされたことをきっかけに、週2~3回ボウリング場に通い毎回10ゲーム以上をこなした。青年時代にプロを目指した情熱を蘇らせ、今大会の旗振り役として精力的に活動した。

 この日は、プロ戦開始前に原と始球式を同時に行うと、「ここで一句。ピンを倒すはボーリング。『そだねー』を言うのはカーリング」などと笑い溢れる大会コミッショナー宣言。最後は、楽曲「レッツゴーボウリング」をファンの前で初歌唱するなど、大車輪の活躍で、ボウリングの発展、普及に貢献していた。

あなたにおすすめの記事