ここから本文です

阿蘇地方でかき餅づくり

2/11(月) 13:27配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

阿蘇地方では、この時期の風物詩ともいえるかき餅作りが行われています。

阿蘇市黒川の��克也さんのお宅です。昔からこの時期には家族でかき餅作りをします。作り方は、砂糖を入れてついた餅を2日ほど寝かせて、食紅などでピンクや黄色に色をつけたら厚さ4ミリほどに切っていきます。

その後、一枚ずつひもで結んで吊るし、1か月ほど乾燥させると完成です。阿蘇地方で保存食として重宝されているかき餅は、湿度と気温が低いこの時期に作られますが、食文化の変化もあって作る家も減ってきたということです。

十分に乾燥させたかき餅は焼いたり電子レンジで温めると大きく膨れ、香ばしい香りが食欲をそそります。
やさしい甘さで腹持ちもいいためおやつにもってこいだということです。

��さんのお宅では、出来上がったかき餅を親戚に配ったり、お客さんにもたせたりしているということで、こうした風習は今後も続けていきたいと話しています。

RKK熊本放送

最終更新:2/11(月) 13:27
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事