ここから本文です

「日向坂46」への改名をメンバー大歓迎「活動の全てが“日向”であるように」

2/11(月) 17:23配信

東スポWeb

「欅坂46」の後輩アイドルグループ「けやき坂46」(通称・ひらがなけやき)」が「日向坂(ひなたざか)46」と改名することが、11日の動画配信サービス「SHOWROOM」の番組内で発表された。

 サプライズ発表されたもので、番組にはキャプテンの佐々木久美(23)、加藤史帆(21)、小坂菜緒(16)、齊藤京子(21)、柿崎芽実(17)、佐々木美玲(19)の6人が参加。終了後、報道陣との囲み取材に応じた。

 3月27日に単独シングルデビュー(タイトル未定)することも発表されたが、加藤は「(けやき坂46として)3年間頑張ってきたことを、デビューにぶつけていきたい。尊敬している乃木坂さんのような美しさや清楚さと、漢字欅さん(欅坂46)のようなカッコ良さやパフォーマンス力を兼ね備えたハイブリッドグループになりたい」と意気込んだ。

「改名が夢」だったという齊藤も「“ひらがなけやき”って絶対に漢字欅さんとこんがらがっちゃう。前に『私たちのライブは“日向”です』と言ったことがあったんですが、今後は活動の全てが“日向”であるように頑張りたい。新しい名前を浸透させたい」と続けた。

 新しいグループ名の印象を聞かれると、佐々木久美は「温かい雰囲気でかわいい名前。チームカラーの空色は“高く飛べるように”という意味もあるそうなので、シングルデビューのタイミングで、改めてこういうグループができたと知ってもらいたい」と誓った。

 けやき坂46は16年5月に1期生11人が加入し、結成。単独シングルデビューまでの約3年間を振り返り、佐々木美玲は「普通の女の子ができないことをたくさんできて“楽しい”のほうが強かったけど、欅坂さんなど先輩がテレビに出ているのを見ると、憧れや葛藤もありました。(全メンバー)21人で日向坂46としてデビューできるので、これからが楽しみ」と目を輝かせた。

最終更新:2/11(月) 17:23
東スポWeb

あなたにおすすめの記事