ここから本文です

「ペット2」バナナマン、永作博美、佐藤栞里が声優続投!設楽統「めちゃめちゃプレッシャー」

2/11(月) 12:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 2016年に大ヒットしたアニメーション映画「ペット」の続編となるシリーズ最新作の邦題が「ペット2」に決定し、あわせて日本語吹き替え版声優が発表された。前作に引き続き、お笑いコンビ「バナナマン」の設楽統、日村勇紀、女優の永作博美、タレントの佐藤栞里が参加する。

マックスが動物病院で個性的なペットたちと出会う「ペット2」最新映像

 「ミニオンズ」(2015)を手がけたイルミネーション・エンタテインメントとユニバーサル・スタジオがタッグを組む本作。前作はニューヨークを舞台に、犬のマックスとデュークをはじめとする個性あふれるペットたちが、飼い主の留守中に大冒険を繰り広げるさまを描いた。主人公の犬マックスを設楽、その相棒デュークを日村、マックスとデュークの飼い主ケイティを佐藤、ペット仲間の太った猫クロエ役を永作が演じている。

 続投が決定し、設楽は「2回目はオファー来なかったらどうしようかなって思っていたんですが、本当にうれしいです。特に家族には自慢できますから!」と家族にも喜びを伝えた様子。「(声優を務めるのは)約3年ぶりですが、めちゃめちゃプレッシャーですよね。まだまだこれからもどんどん感じるんじゃないかなと思いますけど、作品が素晴らしいのでその辺は大丈夫だと思います!」と重圧を感じつつも、作品の仕上がりには全幅の信頼を寄せる。「おなじみのキャラクターのほかにも新キャラクターも出るみたいなので、夏までちょっと時間がありますが、ぜひ期待して待っていてほしいです!」と呼びかけた。

 声優発表にあわせて、物語の始まりとなるマックスと飼い主のケイティのシーンも公開された。「散歩に行かない?」と言われて外出したマックスだったが、行き先は動物病院だった。病院の待合室で個性豊かなペットたちと出会い、不安そうなマックスが映し出される。

 「ペット2」は2019年夏公開。

最終更新:2/12(火) 12:14
映画.com

あなたにおすすめの記事