ここから本文です

タッグ2年目迎えるトロロッソ・ホンダ。田辺テクニカルディレクター「昨年以上の結果を」

2/11(月) 23:30配信

motorsport.com 日本版

 2月11日(月)、トロロッソはホンダのパワーユニット搭載2台目となる2019シーズンを戦うマシン、STR14を発表した。

【F1新車ギャラリー】トロロッソ・ホンダ、2019年用マシンSTR14

 チームのドライバーを務めるのは、2017シーズン途中にトロロッソを離脱したダニール・クビアトと、ルーキーのアレクサンダー・アルボンだ。

 クビアトは、発表に際して「僕たちがどうなるかは正確には分からない。他のみんなと同じように、僕たちは最高のパッケージをまとめるために一生懸命努力している」とプレスリリースにコメントを寄せた。

「自分のためにできることは、可能な限り一生懸命取り組み、パフォーマンスを発揮することだけだ」

「僕はチームのメンバーを信じる。僕やエンジニアクルー達は、チームから与えられたパッケージから最大限の力を絞り出すためにできる限りのことをする」

「僕たちは良さそうに思えるし、みんながやる気と集中力を持っていると感じている。それが、今後に向けた自信を与えてくれるんだ」

 ルーキーのアルボンは、まず目の前にセッションに集中し、プレッシャーがない状態で成長していきたいと語った。

「全体的に、僕はこれまでのキャリアで特に目標を設定せずにやってきた。毎年、それぞれのレース、セッションに集中し一歩一歩前進してきた」

「長期的な目標を設定したら、自分に不要なプレッシャーがかかる。僕は自分自身に焦点を合わせている。どうなるか見てみよう」

 チーム代表のフランツ・トストも、結果に対して具体的な目標は設定しないという。だがそれでもレッドブルとの連携が強まることや、昨年ホンダが見せた進歩も踏まえ、自信をにじませた。

「シーズンが始まる前はいつもそうだが、予想するのは早すぎる。少なくとも今の時点では、具体的な目標を設定したくはない」

「レッドブル・テクノロジーとの相乗効果のクオリティーや社内の技術的知識のレベルの高さ、ホンダがこれまで示してきた印象的な進歩、強力なふたりの若手ドライバーなど、すべての事柄を考慮すると……自信を感じさせてくれるんだ」

 一方、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、新たに提携するレッドブルと共に、昨年以上の結果を目指すと意気込んだ。

「簡潔に言えば、私たちの目標は(レッドブル&トロロッソ)両チームが昨年よりも良い結果を出すことです」

「トロロッソとのパートナーシップにおいては、より多くのポイントを獲得し、より確実に走り、コンストラクターズチャンピオンシップでより上位になることです。そしてそれは、昨年のバーレーンGPのような結果(4位)を繰り返すか、もっと良い結果を出すことさえも意味しています」

最終更新:2/11(月) 23:34
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事