ここから本文です

キスマイ北山宏光、ジャニーズ入りに後悔なし!運に感謝の17年

2/11(月) 20:16配信

シネマトゥデイ

 『トラさん~僕が猫になったワケ~』で映画初出演にして初主演を務めるKis-My-Ft2の北山宏光。スクリーンデビューを飾った彼が、これまでの17年間の活動を振り返ってメンバーへの思いや来し方について語った。

北山宏光、全力の猫しぐさ!映画『トラさん』予告【動画】

 人気コミックを実写化する映画『トラさん』は、ある日突然、交通事故で命を落としてしまった売れないマンガ家の寿々男が、猫の姿となって家族のもとに舞い戻るファンタジックな心温まるストーリーが展開される。北山はギャンブルが好きで仕事もしないダメダメな夫を演じるとともに、“猫スーツ”を着てトラ猫役にも挑んでいる。メンバーからは撮影前こそ「寅さんって、あの?」と驚きの声があがったそうだが、北山は「メンバーの作品は基本的に僕もみんな観ているし、今回も必ず観てくれるはず」と作品の出来には自信満々の様子だ。

 そんな北山は、メンバーとの絆について聞かれると「自分は本当に恵まれている」と目を細める。今回初主演を飾るということで、藤ヶ谷太輔は気にかけてくれているはず、と語る。また、いつも自分の舞台を観に駆けつけてくれるという宮田俊哉は『トラさん』も2回は観てくれるに違いないと嬉しそうに口にする北山の姿に、メンバーの結束力の高さが感じられる。

 物語では、漫画こそ売れないもののギャンブルの才能がずば抜けている寿々男を演じている北山。この寿々男の特徴にかけて「自信を持っているところは?」と聞いてみたところ、北山は「自分の感覚かな」と即答。「何か物事を判断するときに“いいな”って思える感覚に、自信があるんです。33年間生きてきて、これまで直感でしてきた選択にすべて、自信がある。AかBか選ぶときに『絶対、Aだ』と思ったら、それがいい方に転がっていく。表現するのは難しいんですが、自分のなかで『これはこっち!』と決まっていることが多いです」と断言した。

 具体的な例では「ジャニーズに入ってからも、その二択で失敗したことがないんですよ」という。「いろいろな先輩や後輩がいるなかで、自分が今まで17年間も残ってやれているのは、本当に運がいいとしか言いようがない。その間、自分がしてきた選択のおかげだとも思うし、それらの選択は間違ってなかったと自負しています。自分の人生、後悔してないです」ときっぱり。

 「運がいい」という言葉にはもちろん謙遜もあるだろうが、自分が選んだ状況が現在の自分を作り上げていることに、固い自信を持っていることは間違いない。そして何よりも、メンバーに恵まれたKis-My-Ft2の存在に感謝しているのだと思う。今回も、さまざまな選択をすることになっただろう初主演という試練。監督には、自ら演技プランを披露して見せていたという意気込みも見せた北山。その演技に注目だ。(高山亜紀)

最終更新:2/11(月) 20:16
シネマトゥデイ

あなたにおすすめの記事