ここから本文です

「カメ止め」上田慎一郎監督さぬき凱旋、「次回作の出演者15人に絞った」

2/11(月) 18:40配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「さぬき映画祭2019」で2月11日、「カメラを止めるな!」と劇中内映画の短編「ONE CUT OF THE DEAD」GoProバージョンが香川・高松のかがわ国際会議場で特別上映され、上田慎一郎監督、妻のふくだみゆき監督が登壇した。上田監督は昨年、「カメ止め」を引っさげ同映画祭に参加しており、大ヒットを受けての凱旋となった。

 上田監督夫妻はウエアラブルカメラのGoProで撮影した「ONE CUT OF THE DEAD」バージョンを上映しながら、撮影の裏話を披露。冒頭37分間流れる劇中内映画にはエンドロールが流れるが、「海外ではエンドロールを見る習慣があるので、出ていってしまうことがあって、必死に止めたこともありました。DVDや配信だったら、画面を止められてしまうこともあるので、映画という形態でよかったと思う」などと話した。

 イベント後、単独取材に応じた上田監督は怒涛の1年を振り返り、「もう1年経ったんだなと、ちょっとびっくりしましたね。去年は『カメラを止めるな!』のことを知っている人がほとんどいなかったので、必死で営業していましたが、こういった形でまた帰ってくることができて、本当にうれしいです。状況が180度どころじゃないくらい変わりました」と笑みを浮かべる。

 今回のさぬき映画祭では、「カメ止め」の上映だけではなく、「上田慎一郎・ふくだみゆきレトロスペクティブ」と題して、過去作を一挙上映。「もう僕の監督作がほとんど上映され、妻の作品も上映していただける。こんなに光栄なことはありません」。「カメ止め」の上映後のロビーでも、ファンが長い行列を作る場面も。観客一人ひとりのリクエストに丁寧に応じ、おなじみのゾンビポーズや「ポン」ポーズを取り、サインも書いた。

 松竹ブロードキャスティングで製作する次回作については「昨日、映画祭の交流会が終わってから、ホテルの部屋で最終選考しました。約1500通の応募があって、そこからオーデションを経て、15人に絞りました。だから、全員が100人に1人を選んだという形です。今後は15人のメンバーとワークショップを重ねながら、脚本を当て書きしていくつもりです。撮影は5月頭を目指しています」と明かしてくれた。

 「カメ止め」は昨年6月公開から数えて234日目。ブルーレイ&DVDも発売中だが、全国の映画館での上映も続いている。また、3月8日には日本テレビの「金曜ロードSHOW!」でテレビ初放送される。

 「さぬき映画祭」は11日まで開催。

最終更新:2/11(月) 18:40
映画.com

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい