ここから本文です

ポイント2重取りでお得 クレカと連携できるモバイル決済サービス

2/11(月) 10:36配信

ITmedia Mobile

 電子マネーやQRコード/バーコード決済といったモバイル決済サービスは、それを利用して支払いをするとポイントがたまる。また、電子マネーをクレジットカードでチャージして支払うなど、サービスにクレジットカードを連携させると、引き落としの際にクレジットカードポイントもたまり2重にお得だ。連携させるクレジットカードによっては、ポイントが優遇されるものもある。今回はクレジットカードでお得にポイントもたまるモバイル決済サービスを紹介しよう。

ビューカードからSuicaのチャージをする方法

電子マネー

・モバイルSuica

 モバイルSuicaは、現金、銀行口座、JR東日本の共通ポイント「JRE POINT」に加え、クレジットカードからチャージができる。特に「ビューカード」を使ってチャージすると、通常、1000円(税込)につきJRE POINTが5ポイントのところ、3倍の15ポイントたまる(ポイント還元率1.5%)。また、ビューカードを利用するとオートチャージの設定ができるので、お得で便利。これらはApple PayのSuicaでも同様だ。モバイルSuicaやApple PayのSuicaにはビューカードの連携がオススメだ。

・nanacoモバイル

 nanacoモバイルへのチャージは現金、nanacoギフト、クレジットカードから可能。また、nanacoポイントを電子マネーに交換できる。たいていのクレジットカードを登録できるが、「セブンカード・プラス」の場合は、nanacoにチャージした場合でも200円につき1nanacoポイントがたまる。また、セブンカード・プラスならオートチャージも可能だ。

・楽天Edy

 楽天Edyをおサイフケータイで使うと、楽天スーパーポイントはもとより、ANAのマイル、Pontaポイント、Tポイントなど、さまざまなポイントプログラムから選んでポイントをためることができる。「Edyでポイント」に加え、各種ポイントプログラムのポイントもたまり、2重、3重でたまる。

 楽天スーパーポイントをためているなら、楽天カードがオススメだ。楽天カードでチャージすると、「Edyチャージポイント」が200円につき1ポイントたまる。

1/2ページ

最終更新:2/11(月) 21:43
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事