ここから本文です

車いすの81歳アルジェリア大統領、5期目へ出馬表明

2/11(月) 18:04配信

AFP=時事

【AFP=時事】2013年に脳梗塞で倒れ、車いす生活が続くアルジェリアのアブデルアジズ・ブーテフリカ(Abdelaziz Bouteflika)大統領(81)が10日、5期目を目指して4月の大統領選に出馬すると国営メディアを通じて発表した。所属政党と連立与党が出馬を承認したという。

【写真特集】在職期間が長い世界の最高指導者たち

 病気療養中のブーテフリカ大統領は、公の場に姿を現すことはほとんどなくなっていた。だが、国営アルジェリア通信(APS)によると、4月18日の選挙に向けて沈黙を破り、自身の意向を表明したもようだ。

 ブーテフリカ大統領は「もちろん、身体的には以前ほどの力はない。私はそれを一度たりとも国民に隠してこなかった」と説明。「(大統領として)務めを果たしたいという断固たる願望は消えることなく、そのおかげで私は健康問題による制約を乗り越えられるようになった。これらの健康問題は、誰もがいつか直面する可能性のあるものだ」と述べたという。

 猛暑の中でも三つぞろいのスーツを着用することで知られるブーテフリカ大統領は、長く続いたアルジェリアの内戦を終結に導き、尊敬を集めた。政府統計によると、内戦で命を落とした国民は20万人近くに上る。

 一方、原油や天然ガスなどの炭化水素分野の輸出に依存するアルジェリア経済は、ブーテフリカ政権4期目に原油価格が下落したため大打撃を受け、今や25歳未満の国民の3分の1近くが失業中だ。また、ブーテフリカ大統領は独裁的だとして人権団体や反対派から非難されている。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:2/11(月) 18:09
AFP=時事

あなたにおすすめの記事