ここから本文です

RENA、改めて昨年末の試合欠場を謝罪「大変なご迷惑とご心配をおかけし…」

2/11(月) 22:17配信

スポニチアネックス

 女子格闘家RENA(27)が、「AbemaTV」で生中継された「SHOOT BOXING 2019 act.1」のゲスト解説として出演し、昨年末の「RIZIN.14」を欠場したことについて謝罪した。

 RENAは、昨年末の「RIZIN.14」で前日の公開計量に向けた体重調整の際に倒れて病院に直行。過度の貧血および脱水症状と診断され、試合を欠場した。

 RENAは、番組冒頭の出演者紹介の際に「年末は、大変なご迷惑とご心配をおかけしまして申し訳ありませんでした」と謝罪。続けて「一刻も早くリングに戻るために頑張りますので、これからもよろしくお願いします」と話した。

 その後は、解説者として放送席から試合を見守り、RENAの妹分であるMIO(23)の試合では、セコンドにも付いた。

 番組最後には勝利したMIOの試合について「彼女のもっともっと成長した姿を次回大会で見せてくれると思います」と話した。そして「これからもMIOそして私そしてシュートボクシングのみんなの応援をよろしくお願いします」とファンへメッセージを残した。

あなたにおすすめの記事