ここから本文です

笑いありエロあり!桑田佳祐、ボウリング祭で“ガーターぎりぎり”開会宣言

2/11(月) 4:00配信

サンケイスポーツ

 サザンオールスターズの桑田佳祐(62)が10日、東京・渋谷ヒカリエホールで自身が旗振り役を務めるボウリング大会「KUWATA CUP 2019」の決勝大会に参加した。妻でサザンメンバーの原由子(62)と始球式を行ったほか、芸能界最強といわれる俳優、村田雄浩(58)とのタッグで女子プロ相手に奮闘するなどプロ顔負けの腕前を観客に生披露。来年の開催についても「スタッフと検討します」と意欲をみせた。

 ホールにパカーンと豪快な音が響く。昨夏にパーフェクト(300点)目前の299点をたたき出すなどプロ級の腕前を誇る桑田がボウリングで約600人を魅了した。

 まずは冒頭、桑田がサザンの名曲「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」にあわせて登場し、ファンとハイタッチを交わすなど大サービス。始球式では駆けつけた原と並んで投球し、桑田が6本、夫と一緒に練習するうちに上達した原が9本を倒すとファンは大喜びだ。

 続けて、自称コミッショナーの桑田が開会宣言。「ピンを倒すのはボウリング、『そだねー』というのはカーリング、アハンアハンはペッティング…というわけで頑張ってください」と笑いあり、エロありのユニークな宣言で爆笑を誘った。

 注目を集めたのは、女子プロチームとのエキシビションマッチだ。村田とのチーム「渡る世間にG★スポッターズ」で姫路麗プロ(40)、名和秋プロ(39)と対戦。序盤は女子プロに苦戦を強いられるも、後半に桑田がターキー(3連続ストライク)を出すなど猛追。桑田が178点、村田が200点の計378点をたたき出したが、29点差で惜敗した。

 姫路プロに来年の大会開催を迫られた桑田は「検討します」とキッパリ。女子2人からお礼にと村田とともに頬にキスされると、その場に崩れ落ちて笑わせた。

 同大会は日本プロボウリング協会公認の公式大会として昨年11月から全国47都道府県501会場で予選が行われ、約3万人が参加。関係者は「大きな大会でも500人前後」と話しており、まさに桑田効果が出た形だ。

 最後は、桑田が大会テーマソング「レッツゴーボウリング」を生歌唱し、第2回大会について「また開催できたら夢のよう。スタッフに相談させていただく」と宣言。“平成のお祭り男”は来年も日本を元気にする。

あなたにおすすめの記事