ここから本文です

快速車内で「焦げ臭い」 車両確認で約1万5千人に影響 JR京都線

2/11(月) 15:13配信

産経新聞

 11日午前10時半ごろ、大阪市北区梅田のJR京都線大阪駅で、網干(あぼし)発-米原行きの新快速電車(12両)の7号車付近から「焦げ臭いにおいがする」と乗客から申告があった。停車して車両の確認を行ったが、異常はなく、約45分後に運転を再開した。

 JR西日本によると、上下線計18本が運休、計48本が最大約50分遅れ、約1万5千人に影響した。

最終更新:2/11(月) 15:13
産経新聞

あなたにおすすめの記事