ここから本文です

ラブホ街で一人飲み! 渋谷区円山町「立呑み なぎ」は絶品日本酒パラダイス

2/11(月) 21:30配信

テレ東プラス

ネオンが眩しい渋谷区円山町、道玄坂のど真ん中に「立呑み なぎ」はあります。ちょっとわかりづらい上に入って行きづらい立地ですが、福島の地酒を豊富に揃えた名店なんです。小料理にも定評があるというから、食いしん坊さんも必見です。

この道であってる? 不安の先に日本酒のパラダイスが!

道玄坂方面へ上っていき、大通りから右折して、ネオンを抜けるまで直進。意外と渋谷駅から近く、JR渋谷駅ハチ公口から向かえば5分ほどです。この写真、もうお店が写っているのですが、お分かりになりますか?

立呑み屋って聞くと小汚いイメージがありますが、コンクリートの壁と木のテーブルが和風でありながらモダンな印象の店内です。細長い敷地には、6つのテーブルと、キッチンを囲むL字カウンター。10畳ほどのミニマムなお店ですが、MAX30人ほどが集うそう。

「なぎ」のオーナー甲田力さんが仕入れるのは、すべて福島の日本酒。メニューには常時32種類が並び、日本酒はすべて100mlグラスで提供。1杯500円からとリーズナブルです。

「福島の日本酒は、「キレイなお酒」が多いです。甘めで後味すっきりですごく呑みやすいんですよ」とは甲田さん。

「立呑み なぎ」の真骨頂は一人呑みにある!?

「こんな狭いお店ですが、8人近くのグループが来店することも(笑)。だけど、お客さんの4~5割はお一人様です。来店はお一人でも、結局誰かとお話していることが多いですね」

予想以上の一人呑み率の高さ! 仲良くなった常連さん同士で飲み会が開かれたり、その中でご結婚された例もあるそう。一人呑みだけど、独りにならないのが「立呑み なぎ」の良いところです。

「一人酒」が進む、旬の小料理

一人呑みで、「一人飯」をしていく方も多いという「なぎ」。ご飯メニューも日替わりで、国産で旬のもの、なおかつ日本酒に合うものというセレクトだから、美味しくないわけがありません。

ああ、これはサイコーのおつまみです。しっかりタンパク質が摂れるので、悪酔いしづらいのも嬉しいですね。中でも、甲田さんイチオシの看板メニューがあります。

「ぜひ食べて欲しいのが、小鍋メニューです。日本酒片手に一人でつつく鍋って、なんかいいなぁと思って、開業時から置いています。開業したのが8月だったんですけど、真夏でもやってました(笑)。意外と好評でした」

1/2ページ

最終更新:2/12(火) 13:46
テレ東プラス

あなたにおすすめの記事