ここから本文です

【動画】東・西日本は晴れて北風強く寒い 連休明けの”余寒”(11日18時更新)

2/11(月) 17:57配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 連休明けの12日(火)は、北日本や日本海側は雪が降りやすく、太平洋側は概ね晴れるでしょう。最低気温は全国的に3℃を下回るところが多く、寒い朝となりそうです。昼間は、東・西日本は月曜より高くなるところも、北風が強く吹くため、寒く感じられそうです。

 暦の上では春ですが、まだ寒さが残ります。この時季の寒さを”余寒”と表現します。12日(火)は、冬型の気圧配置が戻ります。北日本から東日本にかけての日本海側は、雪が続くでしょう。仙台の雪は朝の早い時間の見込みです。太平洋側は晴れるところが多いでしょう。

 最低気温は、3℃以下のところが多く、氷が張るくらいの寒さでしょう。関東などは路面の滑りやすい状態となっているところがありますので、足元にお気を付け下さい。

 最高気温はこの時季らしい気温ですが、北日本は月曜と同じかやや低く東・西日本は月曜より高い見込みです。冷たい北風が吹いて、昼間でも寒さが続きそうです。(気象予報士・崎濱綾子)

最終更新:2/11(月) 18:33
ウェザーマップ

あなたにおすすめの記事