ここから本文です

メドヴェデフ 通算4勝目、次戦は錦織ら出場のロッテルダム<男子テニス>

2/11(月) 18:04配信

tennis365.net

ソフィア・オープン

男子テニスのソフィア・オープン(ブルガリア/ソフィア、室内ハード、ATP250)は10日、シングルス決勝が行われ、第3シードのD・メドヴェデフ(ロシア)がM・フチョビッチ(ハンガリー)を6-4, 6-3のストレートで破り、今季初優勝を果たした。

【錦織、メドヴェデフらロッテルダム対戦表】

1時間21分でフチョビッチを振り切り、キャリア通算4勝目をあげたメドヴェデフは「プレッシャーを感じて緊張していたから、タイトルを獲得できたことは本当にうれしく思う」と語った。このコメントは男子プロテニス協会のATPに掲載されている。

一方、敗れたフチョビッチは昨年5月のジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーブ、 レッドクレー、ATP250)以来となる優勝とはならなかった。

「ダニール(メドヴェデフ)はとてもタフな選手。彼はトップ10に入る可能性がある」

11日に開幕するABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)の初戦で第5シードのメドヴェデフはJ・シャルディ(フランス)、フチョビッチはM・クリザン(スロバキア)と対戦する。

ABNアムロ世界テニス・トーナメントの第1シードは錦織圭、第2シードはK・カチャノフ(ロシア)、第3シードはS・チチパス(ギリシャ)、第4シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第8シードはD・ゴファン(ベルギー)、第9シードはN・バシラシヴィリ(ジョージア)。第6シードのL・プイユ(フランス)と第7シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)は棄権している。

最終更新:2/11(月) 18:58
tennis365.net

あなたにおすすめの記事