ここから本文です

キッチンのゴミ箱は、どこに置くと便利?上手な収納術

2/11(月) 18:15配信

All About

◆清潔感のあるキッチンを実現するにはゴミ箱置き場も忘れずに

新築やリフォームでキッチンを検討する際には、調理のしやすさや掃除のしやすさ、デザイン性などを考慮し、プランニングや機器選びを進めていくことになりますが、忘れがちなのがゴミ箱の置き場ではないでしょうか。

地域によって異なりますが、キッチンで出るゴミは、何種類にも分別しなければなりませんし、それぞれにゴミ箱を用意する必要も。それらを置くスペースは、予想以上に場所を取り、限られた空間のどこに置けばいいのか、スペースを確保することも難しい、というケースも多くみられます。

キッチンのプランニングを進める中では、すっきりと清潔感のある空間を実現するため、ゴミ箱の定位置をしっかりと決めておくことも大切なポイントのひとつでしょう。

◆新居のゴミ分別の方法を確認し、必要な数やスペースをイメージ

ゴミ箱のスペースを検討する前に確認しておきたいのは、地域のゴミ分別の方法や収集回数など。

現在暮らしている家を建て替えたり、自宅をリフォームするのであれば必要ありませんが、新築や中古を購入しリフォームする場合などは、事前に、ゴミ出しルールを確認しておくこと。その上で、いくつ、どのくらいの大きさのゴミ箱が必要になるか、そのためにはどのくらいのスペースを確保しなければならないか、イメージしておきましょう。

また、現在のライフスタイルだけでなく、家族が増えたり、子供が成長すれば、出るゴミも増えるかもしれません。ある程度、余裕を持った計画を。現在のゴミの捨て方やゴミ箱の数、ゴミの臭いや収集日までの一時置き場など、不便さや不都合に感じていることを明確にしておくと、プランニングもしやすいでしょう。

◆キッチンまわりにゴミ箱スペースを確保。空間プランと同時に検討を

キッチンでの作業を考えれば、キッチンから出る生ゴミやビン・缶、ペットボトルなどは、キッチン空間内、もしくは周辺に置いたゴミ箱に捨てる、というケースが多いでしょう。

■キッチンカウンターの下や冷蔵庫の横
一般的なのは、キッチンカウンターの下や冷蔵庫の横など。置く予定のゴミ箱のサイズや数に合わせてスペースを確保しておくこと。キッチンプランが決定する前、キッチン空間全体を検討する際に、スペースを考えておくことが大切です。

■ダイニングから見えにくい場所
最近では、LDK一体型のキッチンも多いので、ダイニングやリビングからのキッチンの見え方にも配慮したいもの。ゆっくりと食事をしたりくつろぐためにも、ゴミ箱置き場は、直接見えない位置に設けておく方がいいでしょう。

1/3ページ

最終更新:2/11(月) 18:15
All About

あなたにおすすめの記事