ここから本文です

桑田佳祐が“ボウリング場でカッコつけて”初投球

2/11(月) 4:00配信

日刊スポーツ

サザンオールスターズ桑田佳祐(62)が10日、東京・渋谷ヒカリエ特設会場で、自身の名を冠したボウリング大会「KUWATA CUP 2019」決勝大会に出席した。

【写真】「レッツゴーボウリング」を生歌初披露した桑田佳祐

同大会は、桑田が旗振り役として昨年11月から全国501会場で行ってきた決勝大会。特設会場には2レーンが用意され、約600人の観衆が詰めかけた。

桑田は「LOVE AFFAIR~秘密のデート~」をBGMに客席からサングラス姿で、逆サイドからは原由子(62)が登場した。2人で握手すると始球式に臨んだ。桑田の6本に対し、原は9本を倒した。

“自称コミッショナー”の桑田は「ピンを倒すのはボウリング、そだね~というのはカーリング。あはんあはんはペッティング。幸せ運ぶはペアリング。土木工事もボーリング」と言ったところで「しつこいよ」と笑い、「このあと登場するプロボウラーのみなさんの素晴らしいプレーを楽しみにしております。頑張ってください! KUWATA CUPニセコミッショナー桑田佳祐」とコミッショナー宣言をした。

エキシビションマッチでは、芸能界最強と言われる俳優村田雄浩(58)とのペアで名和秋、姫路麗の女子プロペアと対戦した。

桑田ペア勝利で女子プロからのキス、女子プロペア勝利で「KUWATA CUP」来年の開催をかけて戦った。

桑田は1フレーム1投目に9本を倒したが2投目を外し、オープンフレームスタートとなった。女子プロは名和がターキー、姫路がフォースと圧勝の気配だった。しかし、4フレーム目に名和がスプリットしたところから形勢が変わった。桑田は4フレーム目に初ストライクを決めると、7フレーム目からはターキーで猛追した。だが最終結果は407対378で女子プロチームの勝利に終わった。

女子プロペアから来年の開催を迫られた桑田が「なんとかスタッフと検討したいと思います」と示唆した直後、女子プロペアからサプライズでホッペにキスを受け、その場に崩れ落ちた。桑田のファンの前での投球は初めてだった。

表彰式では、「近い将来、大谷翔平、大坂なおみ、藤井聡太のように実力も人間性も優れた選手たちが少しでも多くの世の中に認知されることを祈り、またボウリングがどんな社会貢献をすればいいのだろうかなどを今後も皆さんとともに考え、いろいろと教えていただきながら、私もボウリングを楽しませていただきたいと思っています」と話した。また、「今後ボウリングの人気が復活して、できればもう少し安い値段で一般の人も楽しくプレーしていただきたい。愛すべきボウリング場に、多くの人が足しげく通ってほしい。私ももっとボウリングがうまくなりたい」と続けた。

次回開催については、「実現させていただくことをボウリングファンとして、音楽人として、また幼いころから矢島純一さんや中山律子さんに憧れてきたアマチュアボウラーの1人として期待をしつつ、何かお役に立てることがあれば喜んで協力させていただきたい。それが私の本望です」と語った。

最後に大会テーマソング「レッツゴーボウリング」を生歌で初披露。“初めてずくめ”の大会は大成功で終わった。【川田和博】

最終更新:2/11(月) 9:13
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事