ここから本文です

阪神マルテ 紅白戦であいさつがわりの来日1号

2/11(月) 13:19配信

日刊スポーツ

阪神の紅白戦が沖縄・宜野座キャンプ第3クール2日目の11日に行われ、新外国人のジェフリー・マルテ内野手(27=エンゼルス)が来日1号を放った。

【写真】ジェフリー・マルテは左越え2点二塁打を放ち笑顔でベースランする

あいさつ代わりの1発だった。紅組の5番一塁で先発し、来日初実戦の初打席に左翼席へと放り込んだ。1回2死三塁。白組先発の小野の3ボール1ストライクからの5球目、138キロ直球を引っ張った。高い放物線を描いた打球は、そのまま左翼芝生席に着弾。宜野座に詰めかけたファンから、大きな拍手を浴びて、ゆっくりとダイヤモンドを回った。

◆ジェフリー・マルテ(Jefry Marte)1991年6月21日、ドミニカ共和国生まれ。07年にメッツと契約しプロ入り。15年7月にタイガースでメジャーデビュー。16年からエンゼルスでプレーし、メジャー通算256試合で打率2割2分2厘、30本塁打、91打点。メジャーでは一塁、三塁、左翼を守った。185センチ、99キロ。右投げ右打ち。今季推定年俸1億1000万円。

最終更新:2/11(月) 17:24
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事