ここから本文です

逆転初V紀平、紫と黒の衣装でエキシビション魅了

2/11(月) 14:07配信

日刊スポーツ

フィギュアスケートの4大陸選手権(米アナハイム)で初出場初優勝を果たした女子の紀平梨花(16=関大KFSC)が10日(日本時間11日)、会場のホンダセンターでエキシビションに出演した。

【写真】私服姿の紀平梨花

紫と黒の衣装でアラン・ウォーカーの「フェイデッド」を演じ、全身を大きく使った演技で観衆を沸かせた。3回転サルコー2本、ダブルアクセル(2回転半)とジャンプもきっちりと成功させ、エンディングでは他の共演者と笑顔で交流した。

シニア1年目の国際大会無敗と躍進を続ける紀平は、今大会前に左手薬指の亜脱臼とアクシデントに見舞われた。帰国後は精密検査を受け、問題がなければチャレンジカップ(21~24日、オランダ)へ出場。その先に控える今季最大の舞台、世界選手権(3月、さいたま市)へ仕上げていく。

最終更新:2/11(月) 14:14
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事