ここから本文です

DeNA中井V打、ラミちゃん助言で握り変え即結果

2/11(月) 20:10配信

日刊スポーツ

「ラミちゃん流」で決勝打だ。前巨人のDeNA中井大介が、移籍後初実戦となる紅白戦で先制の適時二塁打を放った。

【写真】シートノックを受けるDeNA中井

1回2死二塁から中川虎の初球ストレートを左中間へ。4番起用に応え「アピールしなきゃいけない立場。1打席目からチャンスで打てて良かった」と安堵(あんど)した。

打撃練習中、巨人時代の同僚ラミレス監督から助言を受けた。グリップエンドに左手の小指をかけ、人さし指を浮かしてバットを握っていたが「指2本で打ってるようなもの。力が伝わらない」と5本指でしっかり握ることを勧められた。次打者席から意識し、イメージを結果につなげた。

内外野を守れるユーティリティーとして期待は大きい。「今までと同じじゃダメ。変化していかないと。巨人戦で、僕のプレースタイルを知っている人たちにも『中井、変わったな』と思ってもらえる姿勢を見せたい」。向上心は変化を進化にさせる。

最終更新:2/11(月) 20:28
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事