ここから本文です

広島鈴木誠也が貫禄1号も淡々「振れたというだけ」

2/11(月) 20:44配信

日刊スポーツ

広島の主砲が貫禄の1号だ。白組4番の鈴木誠也外野手は3回、3ボールから平岡の直球を捉えた。左翼フェンスを越える“実戦チーム1号”。1回も薮田から中堅へ痛烈な適時二塁打を記録した。

【写真】右中間は先制適時二塁打を放つ鈴木誠也

「結果は気にしていない。(ストライクの球に対して)振れたというだけ。(球への)入り方は前回のシート打撃よりも良かった」。初実戦で2安打2打点も、淡々としていた。

最終更新:2/12(火) 0:17
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事