ここから本文です

オリックス2位頓宮“プロ初安打”「どんな形でも」

2/11(月) 22:21配信

日刊スポーツ

オリックス・ドラフト2位の頓宮裕真内野手(22=亜大)が“プロ初ヒット”を放った。

【写真】パンチパーマを当てた頭を披露する頓宮

紅白戦の紅組「5番三塁」で出場。第1打席は岡山の実家がお隣の山本由伸投手と対戦し、変化球を攻略できずに、三ゴロに倒れた。2死一塁で迎えた第2打席では金田和之投手の外角直球をとらえ、右前に転がした。「どんな形でもヒット1本打ちたいなと思っていた」。西村徳文監督は「結果を出さなければいけないという中でのヒットでしたから。そこは評価したい」と話した。

最終更新:2/12(火) 23:45
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事