ここから本文です

関学大「検証必要」日大とのアメフト定期戦再開せず

2/11(月) 23:47配信

日刊スポーツ

関西学院大アメリカンフットボール部の小野宏ディレクターは11日、悪質反則問題で当面中止とした日本大との定期戦について「19年度は予定していない」と述べ、安全を十分に確保するために2019年シーズンの再開はないとの意向を示した。

関学大は昨年5月の定期戦において日大選手の悪質なタックルでクオーターバックが負傷した。

日大は関東学生連盟から18年度の公式試合の出場資格停止処分を受け、指導体制を一新した。選手の自主性を重んじる指導などが評価され、19年度からの復帰を承認されたものの、小野ディレクターは「リーグ戦を見させていただいて判断していきたい。安全にできるか、何らかの検証が必要」との認識を示した。

関学大は昨年5月6日に背後からの危険なタックルで負傷者を出した後、日大に抗議文を送ったが、誠意ある回答が得られなかったなどと非難。同26日に「日大との定期戦は十分な信頼性を取り戻すまで中止する」としていた。

最終更新:2/12(火) 23:08
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事