ここから本文です

関西アンサンブルコン、代表出そろう 7団体が全国へ

2/11(月) 23:58配信

朝日新聞デジタル

 第45回関西アンサンブルコンテスト(関西吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が11日、和歌山市の和歌山市民会館で開かれた。小学生から社会人まで近畿2府4県の60団体が参加。息の合ったハーモニーを奏で、日頃の練習の成果を披露した。

【写真】コンテストで演奏する参加者ら=2019年2月11日、和歌山市伝法橋南丁

 金賞を受賞した団体のうち、中学の部から西宮市立甲陵中(兵庫)、生駒市立生駒中(奈良)の2団体、高校の部から浪速中・高(大阪)、淳心学院中・高(兵庫)の2団体、大学の部から龍谷大(京都)、職場・一般の部からショークアンサンブル(和歌山)、龍谷シンフォニックバンド(京都)がそれぞれ関西代表に選ばれた。3月21日に札幌市で開催される第42回全日本アンサンブルコンテストに出場する。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事